GAME ON, PSVR Rez Infinite, 日本科学未来館常設展 感想

2016年4月21日は日本科学未来館で行われていた企画展「GAME ON」に行ってきた。
 
GAME ON では黎明期から最新のものまで、様々なゲームが展示されていた。私の一番のお目当ては PSVR Rez Infinite だった。着席、コントローラを用いてのプレイだったが、HMDの機能を活用してあたりを見回す場面などがあり、非常に良い没入を味わえた。
 

 
 
Rez はもともと Playstation 2、ドリームキャスト用に発売された「ミッドナイト・ハイ・シューティング」「うって、ノって、絶頂へ。」ハイになれるぜぇ。

 
Rez Infinite
 
Rez Infinite については別の記事で回想を書いた。伝わらないだろう。実際に体験しよう。

 
関連記事: PSVR Rez Infinite 試遊回想 (久響工房)
 
GAME ON の他の展示も堪能した。Doom や Elite を触ることができてよかった。他にもたくさんのものに触れたが、”世代じゃない”のである意味新鮮だった。
 

 
アーケードゲームの先駆け “COMPUTER SPACE”
有機的な印象の筐体だ。

 
GAME ON に行ったついでに日本科学未来館の常設展も見てきた。
 
非常に理解しやすいものから、理解するのにかなりの知識が要求されるものまで幅広く展示されていた。全年齢が学べる場であろう。球体状に並べられたディスプレイ「ジオ・コスモス」のコンテンツがよかった。
 
ASIMO の稼働を見てきたが、幼いころにみたものとは比べ物にならない程高度なものになっていた。
 
Honda|ASIMO|新型ASIMO
 
体験しないと分からないものばかりだから「よかった」としか言えないし、そうでないものはインターネット検索すればわかることだ。
 
行こう。
 

久道 響太

test