PSVR Rez Infinite 試遊回想

(あ~、もうすぐVR体験だ、楽しみだ。今回はあんな操作をするのか・・・頭振ってる振ってる)
 
先行の体験者の様子を見て興奮しているうちに、すぐに私の順番が来た。
 
「あっ、15分からのです。」
 
そう言いながら私は持っていた整理券を差し出した後。ゲームの操作方法について説明を受けた。
 
「ではこちらにおかけになって・・・。」
 
私は誘導され椅子に座った。
 
「はい、では、かぶせますねー。」
 
そう言うと、スタッフは私にHMDを装着した。Playstation VR の VRヘッドセットだ。
 
「では、右側のボタン押してもらって調整して・・・はい、あとは上下にずらしてはっきり見えるようにしてください。」
 
私は言われた通りに調整をした。「Rez」の文字が浮かび上がっていた。目の前に浮かび上がっているのか、なんなのか。30メートル先に巨大な文字があるような感覚だった。
 
久しぶりの没入に感動していると、DUALSHOCK 4 を手渡された。
 
「×ボタンはここです。」
 
HMDを装着していると、手元を見ることは適わないので触覚を頼りに遊ぶ準備をした。
 
ボタンを押しながら、視界の中心にあるクロスヘアを敵に合わせて捕捉。敵複数体捕捉後にボタンを離せば最大8体まで倒すことができる。簡単な操作とルールだ。
 
(目標をセンターに入れてスイッチ・・・目標をセンターに入れてスイッチ・・・目標をセンターに入れてスイッチ・・・)
 
プレイヤーが電脳空間を進み続けながら敵(ウィルス)を倒す。音楽が合う。空間の演出も合う。高揚。
 
基本的に前方200°から敵が現れるが、途中で敵の集合体を追い抜く場面があり、その場合は上半身ごと後ろを向いて捕捉しなければならない。ああ、HMDでないとなかなか体験できないことだ。
 
敵の集合体が目の前で渦巻く!!私はその渦を徐々に崩す!!進む!!両側から現れる!!それぞれに対処する!!頭ぶんぶん!!
 
興奮しまくり、倒しまくり、あっという間に体験が終わってしまった。
 
ありがとう。ありがとう。いい体験だった。ありがとう。もっと没入していたいぞ!!

久道 響太

test