Unreal Engine 4 を使い始めた話

 

発端

 
Unreal Engine 4 で制作されたゲームですごく気に入ったものがあったのです。執筆時点で、週に5時間くらいは遊んでいます。(熱中していたころはこの 5,6 倍… 今年(2016年)の6月くらいに予定通り製品版になっているといいな…)マルチプレイ用のサーバを公開して管理者としての役割も果たしつつ一般のプレイヤーとしても遊んでいるうちにプレイヤーの行動に対する制限が不足していてゲームバランスが崩壊しかねないことに気が付きました。1人で遊んでいるうちは自制すればいいのですが、マルチプレイとなるとそうはいきません。 mod 制作者のために Dev Kit (ほぼUE4)が配布されていましたから、 mod をつくって解決しようと思ったのです。
 

わからない。

 

どこに何があるのかくらいはある程度把握できたもののそれ以上の理解はできなかったのです。コミュニティのチュートリアルがあったけれども、私はカスタムマップが作りたいわけではなかったのです。
 

ならば、このUnreal Engine 4 で0からゲームを制作して理解を深めよう。

 
そういうわけで、ゲームを作ろうと思いインターネット上を検索したらalwei氏のブログ記事にたどり着いたのです。
 
UE4 一通りの要素を入れたゲームを作ってみる – Let’s Enjoy Unreal Engine
 
分かりやすい解説にしたがい Blueprint を弄ってTPS試作をすることができました。
 


 

「来週中には、要素を追加してブログを書く予定。」

 
来週中
要素を追加して
 

帰省もして・・・早速怠けてしまいました。

 


 
この試作で少しは理解が深まったものの当然、十分ではないわけです。
 
 
「うん。新年度始まってるし、そろそろ動かなければ。」
 
1つのゲームとして作りたいものは定まってきたので、あとは知識と技術を学びながら制作です。今年(2016年)中にを制作したいです。
 
今日は参考書を手に入れ、本格始動としていい機会だと思ったのでブログの開設も行いました。活用します。先人達に感謝します。
 

 

久道 響太

test